CentOS6 ダイナミックDNSの登録

自分が自宅サーバーをやり始めたころからお世話になっている「お便利サーバー.com」様のサイトがあって、「ダイナミックDNS」の説明はこちらをご覧ください・・・としようとしたが(汗)、さすがにそれはまずいかなと思いとりあえず説明ページを作りましたが、「お便利サーバー.com」様の受け売りで、そっちの方が分かりやすいのでここで理解出来なかった方はそちらの参照をおすすめします。

CentOS6 PR-S300NEでのポート解放の方法」で外部からアクセスする場合のポート解放の説明をしましたが、その時は「グローバルIPアドレス」を確認してから外部からのアクセス確認しました。

実際に外部から自分の取得したドメインを利用して(例:www.yocchi01.mydns.jp)自宅サーバーにアクセスするとき「www.yocchi01.mydns.jp」=「202.229.64.XXX(グローバルIPアドレスの例)」に変換される仕組みになっているのですが、普通一般の光回線の契約ではグローバルIPアドレスは変化してしまうので、何もしなければIPアドレスが変化してしまうと、変換がされなくなり、自宅サーバーにアクセス出来なくなってしまいます。IPアドレスが変化する度に更新してくれるサービスが「DynamicDNS」です。サーバーがIPの変化を確認すると「DynamicDNS」で登録しているサーバーにアクセスして自分自身のグローバルIPアドレスを更新して、グローバルIPアドレス変化後も変換が可能になります。詳しく勉強したい方は「お便利サーバー.com」様を参照してください。非常に分かりやすく説明されています。

等サイトでもお世話になっている「私的DynamicDNS」を利用を前提に説明をします。自宅サーバーの醍醐味のひとつは可能な限りお金をかけないことだと思っているのは自分だけではないと思います。そんな自宅サーバー運営者の味方「私的DynamicDNS」様は無料でダイナミックDNSの環境を提供してくれます。スバラスィー。ちなみにドメインも無料で利用できるのでこれから始める人はここに登録すれば、ドメインとダイナミックDNSの環境が一度に揃うので楽ちん。自分も有料ドメインを利用していましたが、こちらのドメインにの乗り換えたので、自作サーバーにかかっているお金は電気代だけになりました :-)

無料で利用させてもらうのでいかなる不具合が起きても自己責任であることはしょうがないのですが、自分も数年利用させてもらってますがサーバーが不具合を起こしたケースで「私的DynamicDNS」が原因だったことはないので、まず利用には特に問題ありません。

ログイン

まず、「私的DynamicDNS」のページに行き、右上の「JOIN US」をクリックします。

登録者情報

登録者情報が表示されるので、必須項目の

  • 氏名
  • 国名
  • 住所
  • 電話番号
  • メール1
  • 確認用キー

を入力して、「CHECK」ボタンをクリックします。

入力項目確認

入力したものの確認画面に移動するので、入力したものが問題なければ一番下の「OK」をクリックします。間違いがあった場合は「BACK」をクリックして間違っている部分を修正します。

「OK」をクリックして、しばらくすると登録したメールアドレスに「MasterID & Password」が送られてくるのそれを利用して、ドメインやダイナミックDNSの設定をすることができるようになります。

では、再度「私的DynamicDNS」にアクセスしてメールで送られてきた「MasterID & Password」を利用してログインします。

少し余談になるかもしれませんが、これから自宅サーバーを始める人用にまずドメインの取得方法から説明します。

ログインしてから、上部メニューの「ABOUT」をクリックすると「ABOUT MyDNS.JP」のページに移動するので下にスクロールして「Easy to USE」のところに登録できるドメインの説明があります。好きなものを選んでかまいません。

ドメインの登録

実際の登録は左上の「Welcome Administrator」のメニューから「DOMAIN INFO」をクリックします。設定項目を入力する欄の一番上に「Domain* : (FQDN)」とあるので、その下の欄に自分の欲しいドメイン(例:yocchi01.mydns.jp)を入力して下の方にある「CHECK」ボタンをクリックします。

ドメイン登録確認画面

入力したドメインが使用可能であれば「以下の内容でよろしければ、OKボタンを押してください。 また訂正する場合にはBACKボタンを押してください。」と表示されます。

ドメイン登録失敗

既に使用されている場合は同じ画面にリダイレクトされて「Domain* : (FQDN)」の上に「このサブドメイン(上位ドメインを含めて)はすでにほかの方に使われています。ご確認のうえ、再度ご入力下さい。」と表示されるので、別のものに変更して再度「CHECK」で確認します。

登録が完了すると「ドメイン情報を変更しました。」と表示されます。再度、「Welcome Administrator」のメニューから「DOMAIN INFO」をクリックすると「MX : (Hostname, Priority. FQDN)」の下の欄にドメインが入力されています。これでドメインが使用可能になりました。

DynamicDNSの設定

そして、ここがそのまま「ダイナミックDNS」の設定画面になります。「MX : (Hostname, Priority. FQDN)」の下の欄はメールサーバーの設定として「mail」に変更します。

1番目はサーバー機の本名として「web1」を入力します。

2番目はWebサーバーの設定として「www」を入力します。

3番目は「MX : (Hostname, Priority. FQDN)」に設定した「mail」ここに再度設定します。

入力が完了したら「CHECK」をクリックします。

確認画面に移動するので入力に間違いがなければ「OK」をクリックします。間違いがあった場合は「BACK」をクリックして間違った箇所を修正します。これで「ダイナミックDNS」の「私的DynamicDNS」”側”の設定は完了です。更にサーバーに「ダイナミックDNS」の自動更新の設定をしてやる必要があります。

「ダイナミックDNS」の自動更新の設定、「DiCE」のインストールは現在作成中です。

<<<前の記事 : 「CentOS6 PR-S300NEでのポート解放の方法

次の記事>>> : 「CentOS6 ntpサーバーの設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)