CentOS7 + nginx phpMyAdminのインストール

phpMyAdminのインストール

「phpMyAdmin」の公式サイトへ行き、アーカイブのダウンロードURLを確認する。

今回は
「phpMyAdmin-4.9.7-all-languages.tar.gz」をダウンロードしてインストールする。
「https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.9.7/phpMyAdmin-4.9.7-all-languages.tar.gz」のダウンロードURLを使用。

#cd /usr/share/nginx/html
htmlの下にphpmyadフォルダにインストールする。

#wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.9.7/phpMyAdmin-4.9.7-all-languages.tar.gz

#tar xvf phpMyAdmin-4.9.7-all-languages.tar.gz

#mv phpMyAdmin-4.9.7-all-languages phpmyad

初期設定

sessionディレクトリのパーミッション変更

#cd /var/lib/php
#ls -la

drwxrwx--- 2 root apache 4096 10月 28 01:30 session
パーミッション修正前

#chown root:nginx -R session

drwxrwx--- 2 root nginx 4096 10月 28 01:30 session
パーミッション修正後

php.iniの修正

#vi /etc/php.ini

1248行目あたり
;session.save_path = "/tmp"
↓
session.save_path = "/var/lib/php/session"
先程パーミッションを変更したディレクトリを指定

default.confの修正

#cd /etc/nginx/conf.d
#vi default.conf

location ~ \.php$ {
・・・
}
の記述の次あたりに下記を追記
location /phpmyad {
    root /usr/share/nginx/html/;
    index index.php index.html index.htm;

    #allow 許可IP;アクセス制限の設定
    #deny all;
}
location ~ ^/phpmyad/(.+\.php)$ {
    fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
    fastcgi_param SCRIPT_FILENAME 
    $document_root$fastcgi_script_name;
    include fastcgi_params;
}
location ~* ^/phpmyad/(.+\.(jpg|jpeg|gif|css|png|js|ico|html|xml|txt))$ {
    root /usr/share/nginx/html/;
}

php-mysqliのインストール

# yum install --enablerepo=remi,remi-php74 php-mysqli

nginxとphp-fpmの再起動

# systemctl restart php-fpm

# systemctl restart nginx

ブラウザで「http://000.000.000.000/phpmyad/」にアクセスしてログイン画面の表示確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)