CentOS5のPHPを 5.1.6 → 5.3.8 へバージョンアップする手順

いつも惑わされるPHPのバージョンアップ・・・。なぜ自分のようなおバカさんのために「yum update」で最新バージョンにしてくれないのか・・・(/_;)。

再度挑戦した、PHPのバージョンアップの覚書。

とりあえず既存のものをyumでアップデートする。

# yum update

次に、レポジトリを登録して、レポジトリを使用してアップデートする。

# rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm

—————————————————————————————————

追記 2012.3.1

上記URLに接続できなくなっているようなので下記URLにて対処

# rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm

—————————————————————————————————

# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/el5.i386/remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm

# yum –enablerepo=remi update

ここでいきなりPHPをバージョンアップをしようとして

# yum –enablerepo=remi install php php-pdo php-mysql php-mcrypt php-mysql php-pear php-mbstring php-devel

とすると

The program package-cleanup is found in the yum-utils package.

と表示されてアップデートできない。
そこでまず、既存のPHP5.1.6を削除する。

#yum remove php

再度、PHP5.3.8をインストールしてみるが

# yum –enablerepo=remi install php php-pdo php-mysql php-mcrypt php-mysql php-pear php-mbstring php-devel

Transaction Check Error:
file /etc/my.cnf from install of mysql-libs-5.5.18-1.el5.remi.i386 conflicts with file from package mysql-5.0.77-4.el5_6.6.i386

とエラーが表示されてインストールされない。どうやら、レポジトリでインストールしようとしているので、既存の「mysql」との整合性が取れない模様(未確認)。

なので、試しにPHPよりも先にMySQLをレポジトリでインストールしてみる。

# yum –enablerepo=remi install mysql mysql-server mysql-libs

すると先ほどエラーを起こしてインストールできなかったPHPまでもインストールされた。

# php -v
PHP 5.3.8

と無事インストール完了

自分用後書き

PHPをソースからインストールしようとするときにconfigureでapacheの場所がどうのこうのだの、MySQLのパスがどうのこうのだの指定するのでPHPのインストールは最後がいいのかも。PHPはapacheとMySQLと深くかかわりがあるのと、パッケージの違いが混乱の元になっている気がする。なので、今回はソースからのインストールではないけど、今回の件に当てはめて考えると、MySQLを先にインストールすると、MySQLインストール完了、PHPインストール完了という感じで、もう少しスムーズに事が運んだのかもしれない。

関連記事

CentOS5のPHPを 5.1.6 → 5.3.8 へバージョンアップする手順 その2

参考サイト

http://d.hatena.ne.jp/eco31/20110606/1307287274

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)