CentOS5のPHPを 5.1.6 → 5.3.8 へバージョンアップする手順 その2

以前、PHPのバージョンアップの手順をアップしたが、いろいろ検証してみたところ下記の方法が問題がないようである。

まず、既存のPHP5.1.6を削除する。

#yum remove php

レポジトリを登録して、レポジトリを使用してアップデートする。

# rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm

—————————————————————————————————

追記 2012.3.1

上記URLに接続できなくなっているようなので下記URLにて対処

# rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm

—————————————————————————————————

# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/el5.i386/remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm

# yum –enablerepo=remi update

このアップデートで削除されたPHPが最新版でインストールしなおされる。

だが、足りないものがあるので、改めてPHPをインストールする

# yum –enablerepo=remi install php php-pdo php-mysql php-mcrypt php-mysql php-pear php-mbstring php-devel

これで不足分がインストールされるので、完了後にhttpdを再起動する

#/etc/init.d/httpd restart

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)