PoeditでWordPressの翻訳部分を修正する方法

以前、「WordPressのコメント欄のカスタマイズ その1」で「サーバー管理者限定」とくぎ打ち翻訳部分を修正する方法を紹介しましたが、やっぱりちゃんとあるんですね、修正するツールが。しかもフリーソフトで。しかも必要十分によく出来てるし。

コメント欄の修正で不要なメールアドレスや、ウェブサイトをCSSを非表示にしたりしましたが(「WordPressのコメント欄のカスタマイズ その1」参照)、「コメントを残す」とかその注意書きとかを自分のサイト用にカスタマイズできちゃいます。

使用するツールは「Poedit」という翻訳用ファイルを扱うツールです。翻訳用ファイルはテキストファイルではなく、バイナリファイルなので、テキストエディタで開くとえらいことになってしまいます。なのでわざわざ「Poedit」というツールを使います。

Poedit

ダウンロードページのWindows versionの(poedit-1.4.6-setup.exe)をクリックするとセットアップファイルがダウンロードできます。(2012年2月21日現在)

WordPressの翻訳ファイルは

/wordpress/wp-content/languages/ja.po

をダウンロードしてきます。それを「Poedit」で開きます。

F4で検索もできるので、今回は「コメントを残す」を検索をかけてみました。
目的の箇所をクリックすると、下の方に英語と日本語を修正できるエリアがありますので、そこの日本語の部分を自分のサイトにふさわしい文言に変更します。

「Poedit」のファイル→POTファイルを元に新しいカタログを作成します
をクリックします。するとja.poと同じフォルダ内にja.moというバイナリファイルができます。これをja.poがあったところにアップロードしてあげれば、修正が反映されます。元のファイルはバックアップを取っておくことを強くおすすめします。

いじょっっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)