XAMPPにConcrete5をインストールすると「C5 Request URLsサポート利用可?」とエラーが出るときの対処法

CMSはやっぱり実際にサーバーで動かしてみないとだめだと思っていたけど、CMSのちょっとした動作確認(プラグインとか)をしてみるのに、いちいちテストサーバーを立ち上げるのはなかなか面倒なので、XAMPPをWindows7にインストールして、早速Concrete5をインストールしようとしたら、もう既にコケてるし・・・。

XAMPPのhtdocsの下にconcrete5のフォルダを作って、そこにconcrete5のファイル群を置いて立ち上げるとずらずらとなにやらエラーメッセージが表示される。

xamppのエラーその1

何気にスクロールしてみると下の方に「concrete5をインストール!」はとりあえず表示されていて、「C5 Request URLsサポート利用可?」にエラーが出ている。

xamppのエラーその2

ググって調べてみると対処法があった。

xampp\php\php.ini の516行あたりにある

error_reporting = E_ALL | E_STRICT

を後ろを削って

error_reporting = E_ALL

にして、上書き保存して、XAMPPのApacheを再起動後に
Concrete5のインストール画面をブラウザで再読み込みすると
エラーが回避される。

xamppエラー回避

参考サイト:http://concrete5-japan.org/community/forums/install/post-1925/

concrete5のリンク設定


<link rel="stylesheet" media="screen"
type="text/css" href="<?php echo $this->getStyleSheet('style.css')?>" />

吐き出されるhtmlソースが↓これ

<link rel="stylesheet" media="screen" type="text/css"
href="/concrete5/index.php/tools/css/themes/yoccchi01/style.css" />

要は、themesがconcrete5のテーマフォルダでその下に自分で設定したテーマ(上の場合では「yocchi01」)フォルダとなるので、そこを指定してくれる。