PHPで自分が使いたい文字のみを使用してパスワードを生成する方法

パスワードを生成する際に、自分が使いたくな文字があり、「0(数字ゼロ)」と「O(英字大文字オー)」や、「6(数字ロク)」「b(英字小文字ビー)」、「1(数字イチ)」「l(英字小文字エル)」等、間際らしい文字は使用しない方が余計なトラブルを防げるんではないかと思います。

そこで、自分の使いたい文字列のみを使用しランダムな文字列を生成し、それをパスワード等に使うための覚書メモ

<?php
$str = '123457890acdefghijkmnpqrstuvwxyzABCDEFGHJKLMNPUQRSTUVWXYZ!#$()-=+*?_';
$str_r = substr(str_shuffle($str), 0, 8);
echo $str_r;
?>

2行目にずらずらと羅列した文字列を自分が使いたい文字に入れ替えてやれば流用が可能です。
上記では「0(数字ゼロ)」、「O(英字大文字オー)」、「6(数字ロク)」「b(英字小文字ビー)」、「1(数字イチ)」、「l(英字小文字エル)」等、間際らしい文字を抜いて、更に自分が使いたい記号だけを追加した状態。シンプルでメンテも簡単。

IPアドレスの正規表現

IPアドレスの入力が正しいかどうか?を正規表現で判定する書き方の備忘録。

IPアドレスの正規表現は

/^(([1-9]?[0-9]|1[0-9]{2}|2[0-4][0-9]|25[0-5])\.){3}([1-9]?[0-9]|1[0-9]{2}|2[0-4][0-9]|25[0-5])$/				

実際にIPアドレスが正しいか判定するPHPの記述例

if(preg_match("/^(([1-9]?[0-9]|1[0-9]{2}|2[0-4][0-9]|25[0-5])\.){3}([1-9]?[0-9]|1[0-9]{2}|2[0-4][0-9]|25[0-5])$/", $ip_address01)){
  pr("正しいIPアドレスです。");
}
else{
  pr("IPアドレスに間違いがあります。");
}				

参考サイト:「正規表現によるIPアドレスのチェック

ログファイルに新しいものを上に書き込むPHPでのやり方

WEBページ等ではお知らせ等、新しいものを上に表示した方が見やすい場合が多々あります。あるクライアントより、新しいものが下だとログが肥大化してきた場合に一番下までスクロールが大変なので、新しいものを上に表示させてほしいとの依頼があり、今回、いろいろググってできるようになり、今後、またこの手のことはありそうなので備忘録。

新たに書き込みするデータの用意

$str = '書き込みしたいデータ';

現在のログファイルの読み込み

$value = file_get_contents('/var/www/log/log.txt');

ログファイルを書き込みのみモードでオープン

$fp = fopen('/var/www/log/log.txt','w');

ファイルの書き込み

fwrite($fp,$str.$value);

ファイルクローズ

fclose($fp);

実際にログファイルに書き込みが行われる動作をして、ログファイルの上部に新しいものが書き加えられていればOK!