Windows10とWindows7で外付けHDDでファイル共有をしているとフォルダが読めなかったりファイルが消えたりする場合の対処法

大切なデータは外付けHDDに保存し、古い仕事環境(Windows7)等を残しておき、新しい環境(Windows10)で様子を見ながら仕事していきつつ、たまに古い環境で作業する必要があり、古い環境で外付けHDDにアクセスし、また新しい環境に戻ってくると外付けHDDのフォルダが読めなかったり、ファイルが勝手に削除されている場合があります。

ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。

このように「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」・・・っておめーが壊したんだろ・・・。

もぉ・・・Windowsに見切りをつけてMacだな・・・と思う今日この頃・・・。

キレて発狂しそうなのを我慢しつつその対処法の備忘録。

原因:Windows7以前とWindows8以降の「LFSバージョン」の違い

windows7以前→「1.1」
windows8以降→「2.0」

「LFSバージョン2.0にアップグレードされたストレージを、そのまま古いWindowsに接続すると正しく認識する事が出来ず、chkdskが作動します。」引用

だそうで、憶測ですが「chkdsk」が動作後はフォルダが読めなかったり、ファイルが消えたりするような気がします。

なので、windows8以降のOSの「LFSバージョン」を「1.1」にしてやれば「chkdsk」も作動せず、フォルダが読み込めなかったり、ファイルが消えたりしない・・はず・・。

また、いつぞやからWindowsのデフォルト設定されている「高速スタートアップ」がそれに関わって悪さをするようなので、「高速スタートアップ」の設定を変更する。このふたつの対処法をセットでやるといいらしい。

対処法その1:まず高速スタートアップを無効化する

「コントロールパネル」→「システム」→「電源オプション」で設定。

現在利用可能ではない設定を変更します

「現在利用可能ではない設定を変更します」・・日本語おかしくねーか?、それに字がちっさすぎるだろ?こんな重要なことを・・とつい言葉が荒くなるのをこらえ、そこをクリックします。

すると今までグレーアウトしていた「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外せるようになります。何が推奨なんだかわけわからないですが、気にせずチェックを外します。

対処法その2:「LFSバージョン」を「1.1」にする

レジストリエディタを使いレジストリに変更を加えるので、最悪システムが破壊され、Windowsが起動しなくなる場合があるので、くれぐれも自己責任でお願いします。

「LFSバージョン」の確認方法

「コマンドプロンプト」を「管理者として実行」で起動します。

コマンドラインに「fsutil fsinfo ntfsinfo C:」と入力し、エンターキーを押します。

ずらずら表示される中に「LFSバージョン」「2.0」と表示があることを確認できます。(※画像は既に設定を変更したため「1.1」と表示されています。)

「Windowsキー」+「R」ボタンを押すことでレジストリエディタが起動します。「名前(O):」となっているところに「regedit」と入力してエンターを押すとレジストリエディタが起動します。

「コンピューターHKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlFileSystem」とたどっていき

右のウインドウの何もないところで「右クリック」→「新規」→「DWORD(32ビット)値」をクリックし、名前を「NtfsDisableLfsUpgrade」とします。

元々の数値「0」を「1」に変更し「OK」をクリックして閉じ、PCを再起動します。シャットダウンでは設定が反映されないらしく再起動必須です。

先程と同じようにコマンドプロンプトで「LFSバージョン」が「1.1」になっていれば設定完了です。

今後はアップデートでこの設定が吹き飛ぶことがあるかもしれないので、アップデート後に書き換わっていたら、再度同じ設定が必要になります。

参考サイト

Windows8以降とそれ以前のWindowsの、Diskの互換性とその注意事項について-その3 – ぼくんちのTV 別館

Windows7とWindows10でUSBメモリ/外付けHDDを共有するとファイルが見れなくなる原因

 

Google Chrome が初回起動時にずっと読み込み中で起動ページが表示されないときの対処法

パソコンを立ち上げてGoogle Chrome を一発目に立ち上げる時に読み込み中となっていつまで経っても起動ページが表示されない。待ちきれないのでホームボタンを押すと表示されて、次回以降は普通に起動する。が、パソコンを再起動すると同じことの繰り返し・・・。再インストールやすべての閲覧データを消去を試してみたが改善されず、のんびり対策を探している暇もなかったので放置していた。

ググる先生に聞いてみたが、どうもピンポイントの対応策が見つけられなかったが、ようやく対処方が見つかったので覚書。

対処法その1:手動でキャッシュを削除

Google Cromeを終了させます。

Windows7の場合

スタート→コントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ→フォルダーオプション→表示タブ→詳細設定→ファイルとフォルダーの表示→「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をチェック→適用ボタン

エクスプローラーを起動して下記のフォルダを開く

C:Usersユーザー名AppDataLocalGoogleChromeUser DataDefaultCache

フォルダの中身を全て削除します。

パソコンを再起動して、Google Crome を起動してみて起動ページが表示されればOK。

あくまで参考 WindowsXP の場合(未検証)

WindowsXPでこの現象が起きるのか?、この現象が起きて、この対処法で改善されるのか?は未検証なので、あくまで同じ手順で同じことをするのを前提に説明。ただ単に、フォルダオプションと目的のフォルダの位置がWindowsXPでは若干違うのでそれを変換しただけ。

スタート→コントロールパネル→フォルダオプション→表示タブ→詳細設定→ファイルとフォルダの表示→「すべてのファイルとフォルダを表示する」→適用ボタン

エクスプローラーを起動して下記のフォルダを開く

C:Documents and Settingsユーザー名Local SettingsApplication DataGoogleChromeUser DataDefaultCache

フォルダの中身を全て削除した後は同じ。

 

対処法その2:拡張機能を無効にする

実は上記の方法を試してみて改善される場合もあるようだけど、自分の環境では、ほんの少しの間大丈夫だったけど、現象が再発・・・orz
さようならGoogle Chrome・・・とアンインストールしようとしたが、別のことをし始めたので一旦放置。っで、再度、ぐぐる先生に聞いてみたらセキュリティソフトとの相性がある場合があるとヒントをもらい。自分は「avast」を使っていたのでChromeの右上のスパナマークの「Google Chrome の設定」をクリックして→「設定」→「拡張機能」とクリックして、「avast!WebRep」の拡張機能を無効にしてみた。

google Chrome 拡張機能を無効

検証してみたところ、この機能を有効にしている場合、Chromeの初期起動はかなり高い確率で読み込み中のままフリーズ、そして、そのまま再起動せずにChromeを何度も起動してみると4、5回に一回、少ないときは10、20回に一回の確率で起動時に読み込み中のままの状態が続く現象が発生。

この機能を無効にして同じことをやってみたら、初期はもちろん、そのまま再起動せずに50回起動させてみたが、50回とも無事起動。

avastを使っている人は一度試してみる価値はあるかと思うのでお試しください。その他のセキュリティソフトを使っている人も拡張機能にセキュリティソフトの拡張機能がある場合はそれを無効にしてみると改善されるかもしれません。

やっぱ相性なんでしょうかねぇ・・・まぁいずれにしてもChromeはしばらく使わないかなぁ~・・・。

Windows起動時に「Cannot open volume for direct…」と毎回表示されるときの対処法

これは無料のウィルス対策ソフト「AVG」の「AVG PC Tools」を使った後にWindows標準のディスクチェックを行った際に現象が現れた。

どうやら、「AVG PC Tools」がファイルロックをかけてしまうことで発生するらしい。

っで、対処法

ファイル名を指定して実行から「msconfig」を実行。

BOOT.INIタブのブートオプション
/SAFEBOOTにチェックを入れて再起動する。

セーフモードでWindowsが立ち上がりDiskチェックが終了する。

再度、ファイル名を指定して実行から「msconfig」を実行して
BOOT.INIタブのブートオプション
/SAFEBOOTにチェックを「はずしれ」再起動する。

いじょっっ

NTFS(Windows)フォーマットのHDDをUSBでつないでマウントさせる方法

詳細説明は後日余裕があったら・・・。

簡単に概要だけ、yumでインストールする際にレポジトリが必要になるので

前準備としてレポジトリのセットアップを行う。

それが済んだらyumで dkms dkms-fuse fuse fuse-ntfs-3gをインストールする。

次にマウント用のフォルダを作成して、USBのHDDを確認してマウントさせる。

自分用に「#」を取ってコピペで最後までいけるようにした。
#yum install yum-priorities

#vi /etc/yum/pluginconf.d/priorities.conf

確認
[main]
enable=1
#wget http://pkgs.repoforge.org/romforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm

#wget http://dag.wieers.com/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt

#rpm -import RPM-GPG-KEY.dag.txt

#rpm -K rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm

#rpm -i rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm

#yum –enablerepo=rpmforge install dkms dkms-fuse fuse fuse-ntfs-3g

#mkdir /mnt/usbdisk

#fdisk -l

#mount -t ntfs-3g /dev/sda1 /mnt/usbdisk
一度設定してしまえば、以後はWindowsのUSBでHDDをつなぐのと同じように扱える。

参考:アンマウント

#umount /mnt/usbdisk

適当にアンマウントしようとして「un」mountとしたら

そんなコマンドはあーりませんと怒られ

ぐぐる君に聞いてみたら同じことをしている人がいてクソワロタwww

「u」mountだとさwww

windows7でウィンドウの影を無効化にする方法

基本的にデフォルト設定が好きな人間なのでOSをカスタマイズしまくりってことはしないんだけど、ほんのちょっとこうなったらいいのにな~程度にはカスタマイズしたりするわけだけど、WindowsのコントロールパネルがVistaの頃からだけど、分かりにくいのなんの・・・。

仕事上で2つブラウザを並べて見比べる時があるんだけど、影が邪魔なんだよね。っで、重い腰をあげて影を消すことにしたけどどこをどう設定してやらばいいのやら・・・。Windows7のコントロールパネルは検索ができるので便利って言えば便利なんだけど、再度コントロールパネルで探そうとするとメニューからはどこになにがあるのやら・・・。結局、毎度毎度検索して探す始末・・・。なんとかしろ>マイクロソフト!

っで、今回、いろいろな視覚効果を好きなようにカスタマイズする方法です。

「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの詳細設定」ここでウインドウが開いて→「詳細設定(タブ)」→「パフォーマンス(設定ボタン)」ここでさらにウインドウが開いて→「視覚効果(タブ)」→カスタムのところで、チェックボックスのチェックで効果の有効化、無効化を設定できます。

Performance

今回はウインドウの影を消したいので、「ウインドウの下に影を表示する」の左のチェックを外しました。ついでに、無駄な透明感もいらないので「透明感を有効にする」のチェックをはずしました。

あ~~、やっと快適になった。

でもさ、役場とか病院とか行ってさ、こんなにたらい回しにされたらキレるわw